網膜疾患

正常眼底・OCT

  • 正常眼底正常眼底
  • 正常OCT正常OCT

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症は近年失明の四大疾患の一つになっています。
内科的な糖尿病のコントロールがとても重要ですが、それでも糖尿病性網膜症による視力低下が起きています。当院では、できるだけ迅速に網膜光凝固ができるように努力しています。

  • 糖尿病性網膜症眼底糖尿病性網膜症眼底
    出血・白斑が多数見られます。
  • 糖尿病性網膜症OCT糖尿病性網膜症OCT
    OCT(黄斑)で微小な黄斑部浮腫がわかります。黄斑部浮腫は視力低下の原因となります。

網膜静脈閉塞症

黄斑浮腫が存在する場合視力低下をきたすので、光凝固にて黄斑浮腫外側に半月状に網膜光凝固を行う場合があります。

  • 網膜静脈閉塞症眼底網膜静脈閉塞症眼底
    時計の針で12時から3時の所に多量の出血が認められます。
  • 網膜静脈閉塞症OCT網膜静脈閉塞症OCT

加齢黄斑変性症

早期発見・早期治療 光化学療法が有効とされていますが、いまだ良い治療法はありません。

  • 滲出型加齢黄斑変性症眼底滲出型加齢黄斑変性症眼底
  • 滲出型加齢黄斑変性症眼底OCT滲出型加齢黄斑変性症眼底OCT
  • ポリープ状脈絡膜血管症OCTポリープ状脈絡膜血管症OCT

黄斑円孔

網膜剥離による手術を予防するため黄斑円孔外側に光凝固を行う場合があります。

  • 黄斑円孔眼底黄斑円孔眼底
  • 黄斑円孔OCT黄斑円孔OCT
    黄斑円孔が発症した場合、視力は0.1以下となることが多いです。

網膜裂孔

  • 網膜裂孔網膜裂孔
    時計で2時方向に約1乳頭径大の網膜裂孔(レンズ使用にて対側)が存在し、その上部は剥離した網膜です。
    網膜光凝固で処置をした写真です。

網膜光凝固装置

現在、網膜光凝固・ヤグレーザー1ヶ月で約30例ほど行っています。

  • 網膜光凝固装置網膜光凝固装置
    主に糖尿病性網膜症、網膜裂孔、網膜静脈閉塞症などに使用される。